スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
受験シーズン
今年中学3年生のお子さんを持つ友人・知人が多いせいか、あちこち
で受験の話をよく聞く。

我が家の子ども達は高1と中2なので、丁度今年は受験生が居ない。
でも、昨年の今頃は本当に大変だった

わたし自身はずっと東京に住んでいて、都立の受験はある程度分かって
いたが、埼玉県の受験制度が分からない

北辰テスト…なんてものを受けていないと私立の受験が出来ないとか、
学校によって前期試験の内容が違うとか、知らないことばかり!

その受験制度を理解するのも大変だったし、何より受験する本人
(つまりウチの息子)に問題が山盛りだったのだ~

ウチの息子はとても変わっている。謙遜でも何でもなく、ものすごく
普通と違う子である。

先ず、息子は中2の半ばから全く学校に行かなかった。いわゆる
「不登校児」というやつである。で、学校に行かずに何をしていたか
というと、明るく元気に都内にあるフリースクールに通っていた。

そのうち韓国へ短期留学し(もちろん中学に無断で)、夏にはフリー
スクールの子ども達と寝袋を担いで北海道へ旅に出たりしていた。
「今の教育制度はおかしい。教育基本法を見直すべき」と言って、
国会まで陳情に行ったりもしていたsc06
いじめや不登校の問題が世間で騒がれはじめると、民放各局、NHK、
果てはフランスのテレビにまでインタビューされて出る出る。

トドメはNHKのドキュメンタリー番組で、千原ジュニアさんと一緒
に修行の旅(本当にロケに行った)に行ってオンエアされた。

こんな中学生が受験するというのだから、学校は「不登校児の公立
合格実績は無い」と反対するし、どこの高校なら受験させてもらえる
か分からない状態だった。授業に全く出てはいないが、成績はそれ
ほど悪くなかったので、私立なら入れるか…?などと思っていた。

が、当の息子は平然と「俺、県立に行く。」と宣言して受験。本当に
合格してしまったのだ。

今は1日も休むことなく、ごくごく普通に高校に通う息子。あの不登
校は一体なんだったんだ!?

そんな去年の大騒動受験からもう大分経ったんだな~としみじみ。

それにしても、この息子、何でこんなに変わった子に育ったんだろ
うか?と悩んだ時、「母親に似たんでしょ。」という多くの声が
あったことをわたしは未だに納得していない!!!

スポンサーサイト
【 2007/11/15 05:18 】

| 家族 | コメント(0) | トラックバック(1) |
<<息子の交通事故 | ホーム | 仕事やめたい病>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jitabatausagi.blog114.fc2.com/tb.php/35-f65c6531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
90日間で学年トップ20に入る下克上勉強法
各教科の受験勉強のコツや、学習計画の立て方をアドバイスし、中・高生の成績を上げることを第一の目的としています。しかし中学・高校時代の私は、英語と音楽をのぞき全教科不得意で、勉強が大キライな少年でした。高校生の時は学年160人中100~130番でした。そして約5年 時給百円未満【 2007/11/15 21:02 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。