スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
卒業式
 先週の金曜日、12日は息子の卒業式だった。

 中学では不登校だったので、当然卒業式も出ず…だったので、息子の卒業
式は6年ぶり!しかも、息子は卒業生代表になったのだ。

 3年間の皆勤賞と学校で誰よりも早く進学を決めたこと、そして、全く
勉強しないのに、成績優秀だとか…?
(誰のことかと思ったのはわたしです)
それらの功績(?)もあり、学年主任の先生が推薦してくださったので、
代表になったのだと言う。

 単身赴任中で卒業式に行けない夫からの厳命で、ビデオ撮影を仰せつか
り、手がぷるぷる震えそうになりながら(はい、運動不足です)撮影も何
とか出来た。で、やっぱり…感動して泣けてしまった。

 高校に進学できるなんて思えなかった息子が、まさかの皆勤賞で卒業
できたなんて、わたしの中では奇跡みたいなもんで、本当に良い先生、
お友達に巡り会えたお陰だと、ただただ感謝なのだった。

 後は大学でも良い教授やお友達に恵まれることを祈るのみである!

 欲を言えば、4年度にちゃんと就職してくれれば…と思う。
          ↑
   親ならば誰もが思うことだよねっ!


 話は変わるが既に3月。役人にとって、恐怖の年度末
そう!やらねばならないコトてんこ盛りっの年度末なのである。

 それなのに息子の卒業式でお休みをし、今週の金曜日はマンスリーセミ
ナーでお休みをし、その次の金曜日は夫の引越しでお休みの予定。

 3月に3日も休暇を取るなんて、ン十年役人をやってて初めてのことだ。
が、仕事が減ってる訳ではないので、当然そのしわ寄せは他の日に来る訳
で…。残業ばっかになってしまった。

 しかも、3月31日にどうしても出張しなければならなくなり…。
出張先は八丈島で、おまけに日帰り

 会議もあと2つ控えていて…あぁ、乗り切れるのか!?ジブン
スポンサーサイト
【 2010/03/18 00:28 】

| 家族 | コメント(2) | トラックバック(0) |
永眠
じぃちゃんは、ばぁちゃんと妹と弟、そしてわたしの家族全員が揃って
いる時に、息を引き取りました。

わたしが職場から駆けつけるのを待っていたかのように、そして、
わたしが「じぃちゃん、来たよ!」と声を掛けると「おぉ」と声を発し、
その後ほどなくして亡くなりました。

8日の午後1時10分でした。

来月のマンスリーには元気になって参加します。
【 2010/01/09 09:17 】

| 家族 | コメント(6) | トラックバック(0) |
やった~~!
 我が家の息子は現在高3。いわゆる受験生だ。

 が、この息子は以前にも紹介したが中学時代は不登校児だった。
それが、どういう訳か県立高校に入れることになり、入ったら皆勤賞で通い、
とうとう「大学に進学する。」と言い出したのが去年の今頃。

 それから色んな大学のオープンキャンパスに通い、高2の終わりに志望校
を決め、高3になったら模擬講義などを受けまくっていた。

 その志望校ではAO入試、指定校推薦入試、一般入試とあるので、とりあ
えず全部挑戦することにして、6月からAO入試対策をやっていた。エントリー
シートを書くだけで1ヶ月をかけ、先週、本番の面接とレポート提出を終えた。

 そして、昨日届いたのだ!「出願承認書」!!つまり合格~~~

 ということで、息子の受験は早くも決着がつき、これで一安心。

 正直言って、息子が不登校になった時には、こんな日がくるなんて思うこと
は出来ない毎日だった。「この子の将来はどうなってしまうんだろう…?」と
苦悩することも多かった。

 それが大学生になるというのだから…ちょっとじ~んとしてしまった。

 夫も「良かったなぁ、ホントに良かったなぁ。こんな日がくるなんて、父さんは
嬉しいぞぉぉ!」と息子に言っていた。

 あ~これで夏休み中に心置きなく遊びに行けるっ
         ↑
 これが一番嬉しいよね!てへ!
【 2009/08/09 09:29 】

| 家族 | コメント(4) | トラックバック(0) |
娘の受験、終了~!
日付が変わったので…昨日は埼玉県立高校後期発表日だった。
そして、見事に玉砕

娘はショックで半日ほど泣き明かして、担任の先生や友達から
連絡がくるたびに何度も泣いていたらしい。

でも、夕食を食べながらけなげにも「お母さん、わたし高校へ行ったら
一生懸命勉強するから。」と言った。

お~お~、その心意気よ!

娘は全然勉強しない割りに成績も結構良く、その感覚のままで受験
時期に突入したため、本当に勉強が足りなかったと思う。
それがこういう結果になって、心から理解したならそれは大きな成果!

元々合格していた私立高校も制服が可愛いと言ってお気に入りだった
んだし、そこで3年間楽しく過ごせれば母としてはOKよん。
幸いにして経済的に私立に進学することに問題は無いしね。

ということで、土曜日の午前中に進学予定の学校へ手続きに行かなくては
ならない。折角だから娘と一緒に美味しいものでも食べてこよう

さて、これで娘は片付いた!来月からは息子の大学受験が待ってるぞぉ。
受験生の母はまだまだ続くのだぁ
【 2009/03/07 01:48 】

| 家族 | コメント(2) | トラックバック(0) |
落ちたぁぁ!
昨日は県立高校の前期試験発表日。

はい、見事玉砕した娘

仲良し3人組全員落ちてしまい、3人で抱き合って号泣したそうな。

(だったらもうちょっと勉強しておけ!と言いたい母)

でも、母としてはあんまり勉強しないで(本人はしているつもり)
あっさりと志望校に合格しては、今後も勉強をナメてしまうだろうし、
受験で挫折するという経験も、結構良い経験かも…と
思っていたりする。

これで後期試験(2週間後)まで、一生懸命勉強すれば、それもまた
良い経験になるしね。それでダメだったらそれも経験。

わたしの職場に入ってくる新人クン達は、まぁ優秀なお子さん達が
多い。間違いなく一流大学卒で、中には「幼稚園から慶応です!」
なんてお坊ちゃんも居る。親は社長だったり大学教授だったり、
家柄もそこそこ…のサラブレッドが多いのだ。

これが…打たれ弱いんだよね。上司に「馬鹿野郎!何やってんだ
なんて怒鳴られただけで真っ青になってしまう。
後で聞くと「あんな風に怒鳴られたこと、人生で初めてです。」
と涙を浮かべていたりして。

ガサ入れに新人を連れて行った時に、その時は大して暴れる社長
じゃなかったんで楽勝!だったんだけど、「怖かったです。あの社長
ずっと怒鳴ってるし、怖い目で睨んでたし…」と言う。

ガサ入れじゃ、木刀を振り回したりアイスピックを振り回したりする
奴もいるんで、怒鳴るくらいどうってことないんだけど…

挫折を知らないで順風満帆で就職までして、怒鳴られたり怖い思いを
したりして、うつ病になってしまう若い人が増えているのは事実。

だから、これくらいの挫折、大いに味わってもらいたい!と思うのは
優しい母心(決して鬼母じゃありません!)。

ま~娘の人生、自分で考えて切り拓いてもらいましょ!
と思うが、落ち込んでいる娘を見ると…どうしたもんやら。はぁぁ。
【 2009/02/11 10:27 】

| 家族 | コメント(2) | トラックバック(0) |
とりあえず滑り止め
先週の金曜日に娘が受験した私立高校は無事に合格
ま、わたしの頃には無かった『確約』という制度があって、
受験さえすれば合格はいただけるとかで、ここは安心してた。
(もちろん、規定の偏差値を常々取っていることが条件らしい)

どうも大学受験まで考えると、本当は県立より私立の方がイロイロと
面倒見てくれるようで、もう私立でもいいかな~?なんて思う母。

でも、ホントにそんな事を言ってしまうと、ただでさえ勉強嫌いの娘、
これ幸いと県立の受験やめちゃうだろうな。

普段から謙遜でも何でもなく、本当~~~に勉強しない娘なので、
ここはちぃとでも頑張ってもらいたいと思う。

ということで、娘の受験はまだまだ続くのであった。(やれやれ)

なんて言いながら、受験生の娘と試験期間の息子を放置して、
残業していたのはわたしだ。(あ、カレーは作っておいたのよぉぉ!)
【 2009/01/29 00:54 】

| 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
嘘でしょ…?
息子は火曜日にバイトをしている。

ところが、一昨日早々に帰ってきたので驚いて「バイトは?」と聞いた。
すると…
「お母さん、今は試験中だからバイトは休んでるんだよ。知らなかったの?」

・・・・・・知らなかった・・・・・・

「だって、お前が勉強している姿を全く見ないから、試験中だなんて、
 思わないじゃない!!!!!寝てばっかいるし!!!!!」

「やだなぁ、俺のは睡眠学習だよ♪」

はい、暴力はいけません。ですが、殴りましたよ、グーで殴りました。

それでも昨日も勉強している姿は見ることがなったのは言うまでもない。
まったくどいつもこいつも勉強嫌いで…




【 2008/07/10 05:47 】

| 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。